河原木と斉藤



春風の吹き抜ける桜並木道
それまで交流なんかロクに無かった二人が
何の因果か、居合わせた
奇妙な時間
奇妙な組み合わせ
でもいつか
大切になる時間が始まる

―side,A―
河原木秀雄の場合



―side,B―
斉藤文香の場合
<1> 

New!<2>

<3>現在執筆中・・・



TOPへ戻る     小説一覧へ戻る

Ads by Sitemix